Post image

ミリプット!

昔々から、名前は聞いていて、いつからかウェーブが取り扱うようになり、容易に入手できるようになった海外製エポキシパテ「ミリプット」。2000年位から、早20年位でしょうか、タミヤのエポキシパテ(速硬化タイプ)を愛用していました。それほど、速硬化ではないのはご愛敬。今回、顔、髪、指はこのエポキシパテを使用しようと考えておりました。顔を作り始めて、別の材料に可能性を求めたい気になり、ミリプットを試してみました。...

Post image

新章 突入 その2

ファンドの制作フェーズを終えましたが、特性をまとめるとこんな感じたと思います。☆ファンドのいい所・硬さが水分で容易に調整できる。・ハンドリングがいい。・安価て大まかな形作りに向いている。・カッターの刃が入りやすく、ヤスリで形を大きく形を変えやすい。・オーブンで焼けば、スピード感ある制作も可能。・混ぜる手間がかからない。☆ファンドの悪い所・細かい造形に向かない。・肉ヤセする。細かい造形に向かないと書き...

Post image

新章 突入

なかなか進んでいないフィギュア制作です。超難関の「顔」「髪」を作り始めていて、今一つ、この方向性だという所にたどり着けておりません。昔から慣れ親しんでいるタミヤエポキシパテで作っているのですが、自分のイメージするようにコントロールできず、苦戦しております。正直、作りかけとは言え、とても見せれるような物ができておりません。。。この状況を打破するため、ミリプットエポキシパテを利用することとしてみました...

Post image

ポジティブシンキング その2

機動戦士ガンダム オリジン のアニメキャラクターデザインを手がけられている「ことぶきつかさ」氏の話を聞く機会がありました。いろいろ興味深い話もあったのですが、一つ紹介します。ドズル・ザビの左頬の傷の縫い跡は、アップ時:5カ所、通常:4カ所なのです。模型もそうなのですが、アップ時はディテールが多くないと間延びします。一方、全体で見た時、過剰なディテールが入っているとしつこく感じます。今回、制作している...

Post image

ポジティブシンキング

リアルフィギュアなるものをスクラッチすべく、進めてまいりまして、いよいよ、頭部のフェーズに入ってきました。この頭部が最大の難関になることは間違いなく、避けていた所でした。首から下を頑張って作ってまいりましたが、この頭部の顔の印象だけで大きく作品の印象を変えてしまいます。人の印象って、ほぼほぼ顔で決まってしまうと言われております。そう思うと、作品を台無しにしてしまう顔を作るのが怖くて、後回しになって...