浮気シタイ その3 | サラリーマンモデラーによる リアルフィギュア挑戦記

浮気シタイ その3

模型制作に必殺技がありまして、困った時に、「明日の自分に任せる」というものがあります。
形状出しに困った時、少し多めに粘土を盛っておいて、明日の自分に頑張って削りながら形出しをしてもらいます。

今回、足、いや、脚を作る過程で気が付いたことがあります。

個人的には細すぎるかなとも思いながら制作しているフィギュアですが、足首がやぼったいだけで、脚全体のラインが台無しになるのです。
なぜかは説明できないのですが、足首のくびれというのは、非常に重要要素となります。

そんなこと、常識じゃんと思われるかもしれませんが、実感したここ数日でした。

P_20171110_002032_vHDR_On.jpg
素子1号

スカルプターのための美術解剖学 -Anatomy For Sculptors日本語版-

新品価格
¥5,400から
(2017/11/4 14:51時点)



Tags: 

Comment

Leave a Reply