ヴィーナスライン その3 | サラリーマンモデラーによる リアルフィギュア挑戦記

ヴィーナスライン その3

昨日の続きとなります。

模型を作れてはなかったのですが、通勤電車で、いろいろヒントとなる情報探しはしていました。
中で面白いと思ったのは、このサイトでした。

女性のお尻が好きな男性は人類の未来を真剣に考えている?

本当かどうかは別として、比率が大事ってのは納得のいく話かなと思いました。
人それぞれ、感覚は違うと思うのですが、アニメ系フィギュアって魅惑的でないような気がしてます。
プロポーションは、いわゆるボンキュボンで完璧なんですが。この先生の言われる数字を超えちゃっているって事なんだと。
この枠内に収める方向で制作!

[スカルプターのための美術解剖学 -Anatomy For Sculptors日本語版-]

スカルプターのための美術解剖学 [ アルディス・ザリンス ]

価格:5,400円
(2017/12/4 00:33時点)
感想(3件)






今日の作業は横からのラインの調整を行いました。
バストの下位置が低いような気がして、バスト下部1.5mm程削って小型化。
なぜか、このことで全身のバランス感が見えてきて(おい、今頃かよ(笑))、脚を若干細くしたり、全身調整しております。

P_20171217_225518_vHDR_On.jpg
素子1号
Tags: 

Comment

Leave a Reply