木を見て、森を見ず その2 | サラリーマンモデラーによる リアルフィギュア挑戦記

木を見て、森を見ず その2

1週間ぶりの更新となってしまいました。
本業の方で地獄の何丁目辺りかをうろついておりました。プライベートは模型三昧でストレス発散と行きたい所ですが、なかなか。。。

昔からある言葉ですが、我々モデラーに向けられた言葉と言ってもよいような言葉です。

木を見て、森を見ず

腕を戻してみて、何か取って付けた感が抜けなくて苦労しておりました。
何かバランスがずれているのを違和感を感じてしまうのだと思います。
どこの違和感かと言うのを見つけれなくて、あちこち少しずつ修正して、なんとか光が見えてきたかなというのが今の状態です。

人間の身体ってよく知っているはずだけど、本当に難しい。
苦労した分、一気に人間らしさが増したような気もしています。

あと少しで、頭部を別枠で作っていきますが、胴体に付けた時、違和感が無いように気を付けねば。
P_20180422_224255_vHDR_On.jpg
素子2号
Tags: 

Comment

Leave a Reply